読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんさの日記

徒然なるままに日常の出来事を書き留めておきます

W杯アジア最終予選前半終了

2018年W杯ロシア大会出場を懸けたアジア最終予選が行われ、ここまでB組3位の日本は、同首位のサウジアラビアとホーム埼玉スタジアムで対戦した。

この試合、日本は清武のPKによる得点と原口の4試合連続となる得点により、2―1で勝利を収めた。これで日本は、通算3勝1分け1敗の勝ち点10となった。

日本は、本田、岡崎、香川の主力組を外し、先の親善試合オマーン戦で2ゴールした大迫を1トップに、トップ下にはオマーン戦で3点に絡んだ清武、左MFには原口を置く新布陣で臨んだ。

後半45分には1点を返され、バタバタする場面も見られたが、最低限の目的であった勝利を手にし、6大会連続6度目のW杯出場に向けて大きな1勝をつかんだ。