読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんさの日記

徒然なるままに日常の出来事を書き留めておきます

J1昇格ならず

山雅は、残念ながらJ1昇格とはならなかった。 試合前半、対戦相手のファジアーノ岡山にカウンターから先制点を許すも、後半得意のセットプレーで一旦は同点に追い付いた。順位が上の山雅は引き分けでもJ1昇格プレーオフ決勝戦に駒を進めることが出来たの…

最終戦勝利も順位変わらず

山雅は、ホームで横浜FC戦だった。J1昇格が掛かった試合と言うこともあり、アルウィンでは過去最多の19,632人が観戦した。 試合は、横浜FCに先制されるものの、PKで前半の内に追い付き、後半突き放す展開となった。だが、粘る横浜FCも得点を…

まさかの3位転落

山雅は、アウェイで町田ゼルビアと対戦した。 この試合、前半の山雅は、昇格争いが大詰めに入ったせいなのか、動きが堅く、町田に2点を先制されてしまった。 後半に1点を返すものの、追い付くことすら出来ずに、敗れた。 昇格を争う、コンサドーレ札幌、清…

J1迄あと一歩

山雅は、今節もホームで、東京ヴェルディと対戦した。 この試合、山雅は総シュート数、枠内シュート数、何れもヴェルディに上回られたが、前半の内に挙げた2点を守って、2-0で勝利した。 一方、首位コンサドーレ札幌が敗れ、3位清水エスパルスが勝った…

こちらは確実に勝利

新潟がJ1残留を決めた時間とほぼ同じような時間に、山雅はホームでロアッソ熊本と戦っていた。 こちらは山雅がしっかり勝ち切り、自動昇格圏内の2位を堅持していた。来シーズン、再びアルウィンで新潟との試合を観戦出来る可能性が高まってきた。

しっかり勝ち切る

山雅は、アウェイでのモンテディオ山形戦だった。 試合前半は、五分五分の内容で、どちらも得点出来ずに終わった。ただ、前半終了間際に、山形ディエゴが山雅ゴール前で交錯した際に山雅の選手を蹴ったと言うことで一発退場になった。ビデオで見る限り、厳し…

勝ちたかったが

山雅は、日本代表候補 GKトレーニングキャンプに参加したシュミットダニエルが怪我で出場出来ず、白井裕人が今季初めて出場した。 試合は、前半五分五分、後半山雅優勢だったが、後半先制された山雅が、移籍後初ゴールとなる三島康平のPKで追い付いた。 …

順当に勝ち点を積み上げた

山雅は、アウェイでジェフ千葉と対戦した。 序盤からゲームの主導権を握ったのはホームの千葉だったが、山雅はセットプレーから試合の流れを引き寄せた。セットプレーから先制すると、その後直ぐにPKから追加点を奪った。後半さらに1点を追加し、0-3で…

またしても引き分け

J1リーグ戦が無いこともあって、久し振りにアルウィンで試合を観てきた。今節は、宣福が期限付き移籍しているファジアーノ岡山戦だった。 試合は、後半開始早々相手が2枚のイエローカードで一人退場になったこともあって、 山雅が先制するものの、試合終…

2位キープ

山雅は、アウェイでのカマタマーレ讃岐戦。 開始1分、山雅に在籍したこともある木島徹也のPKで先制されてしまった。思いがけず点の取り合いになったこの試合だが、山雅は着実に得点を重ね、2-4で勝利した。 この結果、自動昇格圏内の2位をキープした。

貴重な勝ち点3

山雅はホームで清水エスパルスとの対戦だった。見に行きたかったが、午後4時半からは新潟の試合が控えているため、TV観戦となった。 久し振りの好天の下、アルウィンには17,880人もの観衆が集まった。その期待に違わず、引き締まった好ゲームを展開…

手痛い引き分け

山雅は、アウェイでザスパクサツ群馬と対戦した。 拮抗した試合展開となり、山雅は先制されたものの最終的には追い付いての引き分け。辛うじて年間順位2位はキープした。 この試合だけ見れば妥当な結果かも知れないが、3位以下のチームが追い上げてきてお…

隼磨が復帰

山雅は、右目網膜剥離で離脱していた隼磨が、6月4日以来の公式戦で、京都パープルサンガ相手の勝利に貢献した。7日に完全合流したばかりだが、フル出場した。 山雅は、この勝利でJ2の2位を維持した。

山雅は天皇杯敗退

無様な試合を見せたのは新潟だけでは無いようで、J2の山雅はJFLのHondaFCに敗れた。 それ以外にも、リーグ戦次節新潟と対戦する名古屋グランパスは、J3のAC長野パルセイロに敗れた。また、ヴァンフォーレ甲府はJ3の大分トリニータに、ベガ…

取りこぼし無し、反町山雅

天皇杯1回戦で、山雅は徳山大学との対戦だった。 下位のカテゴリーに対して取りこぼしの多い新潟だが、反町監督の山雅についてはそんな心配が必要無いようだ。6-0で圧勝した。

スコアレスドロー

山雅は、アウェイでのレノファ山口戦。松本でのこの対戦は、現地観戦した組合せだ。 内容的には山口が押していたものの、どちらに転んでもおかしくない試合だった。結局、どちらも決め手を欠き、スコアレスドローだった。

セレッソ大阪に勝利

山雅は、アウェイでセレッソ大阪と対戦した。この試合、悪天候により試合開始時間が45分遅れた。 自動昇格圏内の2位以上を足固めするには絶対勝ちたい相手だったが、前半終了間際にパウリーニョが挙げたファインゴールを最後まで守り抜き、貴重な勝ち点3…

またしても引き分け

山雅は、ホームで水戸ホーリーホックと対戦した。この試合、新潟から水戸に期限付き移籍中のロメロフラングと平松宗が先発した。 この試合は、この夏、水戸から山雅に移籍してきたばかりの三島康平がベンチ入りしたこともあって、曰く付きの試合となった。た…

もったいない引き分け

山雅はアウェイで徳島ヴォルティス戦だった。試合は、山雅が2度リードを奪うが、その都度追い付かれての引き分け。最後の徳島同点ゴールは、後半アディショナルタイムに入ってからだった。 3位セレッソ大阪が同じく引き分けだったものの、1位コンサドーレ…

札幌戦の後遺症無し

前節首位コンサドーレ札幌に敗れた山雅だが、今節はホームでV・ファーレン長崎と対戦した。 山雅が優勢に試合を進めるものの、互いに得点を奪えずに時間だけが過ぎていった。スコアレスドローも頭をよぎる中、後半41分、交代出場したばかりの山本大貴が値…

首位札幌に屈す

山雅は、アウェイで首位コンサドーレ札幌との対戦。 1試合少ない札幌と同勝ち点の山雅は、どうしても勝っておきたい試合だった。 しかし、試合前半15分、札幌荒野から見事なクロスボールが上がり、これを札幌都倉に頭で合わされて、あっさり失点してしま…

順調に勝ち点を積み重ねる

山雅は、ギラヴァンツ北九州とのアウェイ戦。 前半の早い時間帯に順調に得点を重ねるが、前半終了間際に昨季山雅に所属していた池元に意地の一発を喰らう。 ただ、その後はスコアが動かず、1-2で勝利した山雅が順調に勝ち点を積み重ねた。

2位浮上

昨日の内にセレッソ大阪vsコンサドーレ札幌戦が既に行われていたため、山雅は今日の試合を勝てば得失点差で2位に浮上することが判っていた。 今日の相手は、北信越リーグ時代からのライバルでもあるツエーゲン金沢。この試合、山雅は幸先良く2点を先行す…

大逆転

松本山雅FCは、アウェイで水戸ホーリーホック戦だった。この試合、前後半で全く別のチーム同士の戦いのようだった。前半は水戸が山雅を圧倒し、2-0で折り返した。一方、後半に入ると山雅が盛り返し、前半とは逆に3点を奪い、2-3で逆転勝ちした。

ようやく勝利

雨中のナイトゲーム、アルウィンでは松本山雅FCvsモンテディオ山形戦が行われた。 ここまで、5分3敗とどうしても山形に勝てなかった山雅だが、試合終盤にプロ初となった飯尾竜太朗の値千金のゴールでようやく勝利した。

雨中の敗戦

J2は、中3日での試合。今日はアウェイでファジアーノ岡山戦。ナイトゲームだったが、強い雨が降る中での試合だった。 雨のせいか、ミスが多く、内容的には今ひとつだった。こう言う試合は、往々にしてセットプレーで決まることが多く、この試合もそうだっ…

昨日に続いて

昨日の日本代表戦に続いて、今日も面白い試合を観ることが出来た。 暫定順位ながら、現在明治安田生命J2リーグ3位の松本山雅と同1位のコンサドーレ札幌の対戦がアルウィンで行われた。出来れば現地観戦したかったが、諸事情により諦めて、スカパー観戦と…

J2リーグ第5節レノファ山口戦

アルウィンでレノファ山口との試合があったので、行って来た。山口は、新潟で2012年に当時の黒崎監督辞任を受け、急遽監督代行として公式戦3試合の指揮を採ってくれた上野展裕監督が率いるチームだ。小塚和季が1年半お世話になったチームでもある。 試…